採用情報

わたしたちは、いわゆる「エステサロン」ではありません。
世界一の「感動」を提供するサービス業です。

私たちは「がんばる女性を応援する」ことをモットーにしています。

そして、何よりも「技術」と「おもてなしの心」を大切に考えている会社です。

弊社では、次の方を求めています。

  • お客様からの「ありがとう」という言葉で、がんばれる方
  • いつでも笑顔を忘れない方
  • 自分のことだけでなく、人のために一生懸命になれる方
  • チームで力を合わせ、大きな目標を達成したい方
  • やりがいのある仕事をしたい方

正社員

【仕事の内容】

オリジナルオールハンドマッサージによるボディケアをお客様に提供する仕事です。

  • 施術
  • カウンセリングアドバイス
  • 接客業務 他

こだわり

全員が一流を目指しているので、初期研修が終了してからも常に練習や研修に励んでいます。努力がお客様の視点で正しく評価され、6段階のライセンスにつながります。

【対象】

学歴・年齢不問(未経験者可、経験者優遇)

学歴や年齢、経験よりも心からお客様を思いやる気持ちの強い方を求めています!

【勤務地】

外苑前(銀座線)

【勤務時間】

平日    12:00~22:00(実働8時間40分)

土日祝   10:00~20:00(実働9時間)

【給与】

月給21万円~38万円

基本給プラス各種手当

【研修期間】

有 最大3ヶ月

研修期間は、16万5千円+通勤手当

【待遇・福利厚生】

  • 昇給/年1回以上、ライセンス取得
  • 交通費支給(2万円まで)
  • 皆勤手当
  • 社会保険完備
  • 優秀社員表彰制度
  • 社員割引制度
  • 産前産後支援制度

【休日・休暇】

  • 週休2日制
  • 年末年始
  • 有給休暇

【初期研修について】

最初の研修はとても濃い内容です。

技術研修をはじめ、理論など幅広く学ぶことが出来ます。

「お客様に感動を提供する!」という モットーもこだわった研修から納得いただけるはずです。

◆クルーからのメッセージ◆

キャリアの浅いクルーでも、アイデアや特技があればどんどん生かせる場です!

原キャプテンがお母さん、クルー達は姉妹のように、何でも相談できる関係です!

みんな人情味が厚く、とてもアットホームな雰囲気です!

妊娠・出産をしてもサポート制度があるので安心して働けます

(お客様の事を最優先に考えること!) をモットーに、いつでもお客様の事を想うクルーばかりです!

研修がとても厳しい!ですが、それだけに確かな技術を学べます

【応募方法】

お電話またはメールにてご連絡をください。

お電話の場合は、03-5770-3955(オリエンタルタッチサロン)まで

メールの場合は、こちらまで

一次採用面接(履歴書を事前郵送又はご持参ください)

原紀子による二次採用面接

合否連絡・採用通知のご郵送

**○○さんの研修日記**

いよいよ実技研修が始まりました。

採用面接の時に言われた「正直うちの手技は難しいですよ!」の言葉が頭にずっとあり、覚悟はしていたので、前もってマニュアルを読み、覚えて挑みました。

私は今までオイルマッサージは経験していたのですが、「オリエンタルタッチの手技はまるで違う!」というが始めの印象でした。

まずは先輩インストラクターの動作を見て、必死に真似することに重点を置きました。しかし、真似をしているつもりでも体勢が違っていたり、手先だけでマッサージしていたり、体重がお客様役のにクルーに乗れていなかったり。。

 オリエンタルタッチのマッサージはもちろんテクニックも凄いのですが、基本がしっかりしています。指や手で力まかせの手技ではお客様が気持ち良くないですし、きちんと血液やリンパの滞りが取れないのです。なので、お客様に"体重を預ける"という所から始めます。ただ、自分の体を相手に"預ける" "任せる"だけなのにそれが出来ないのです。特に"肩乗せ"という手技が難しく、この手技にはかなりの時間を費やしました。時にはそこの手技だけで一日使ってしまうこともありました。今思えば「早く自分の物にしたい」という焦る気持ちが、手や身体に無駄な力が入る原因を作ってしまっていたようです。

 なんとか最初のリラクシングの工程が終わりトレーニングの手技に進めました。次のステップに進み、新しい手技が習える喜びは私の支えとなり研修の楽しさでもありました。しかしそんな気持ちも束の間、、"ドレーニング"。私には未知の手技。これも感覚が掴めるまで随分時間を要しました。仕事の合間の先輩クルーに受けて頂いて、指摘して頂いて何度も何度も練習するうちに、頭で考えている手技と、実際にやっている手の感覚が一致した瞬間コツが掴めたのです。「これだ」という感覚を見つけられたら、その感じを忘れない為に、先輩クルーの体を借りて何度も何度も頭と身体に叩き込みました。先輩方やインストラクターの方にも「そう、その感じ!」と言われると何とも言えない喜びがありました。

 一進一退を繰り返し、最後の工程までやっとの思いで辿り着いた所で、一工程ずつ区切ってやってきたものを通して行いました。

今まで一つ一つは出来ていたものが通してやってみるとボロボロ。。私は特にタオルワークの雑さが目立ち、お客様へのお声がけも苦労しました。出来ていないチェックポイントを家に帰って練習し、次の日またチェックして頂きの日々で少しずつ改善されていきました。その頃からインストラクターの方に「"キャプテンチェック"を何日に行います。」と予告され、不安と緊張が交互に迫ってきました。勿論ですが、キャプテンの手技チェックは厳しく妥協がありません。当たり前です。このキャプテンチェックを終え合格すると、お客様に施術するのですから。

 いよいよキャプテンチェック。とにかく「元気よく堂々とお手入れさせて頂こう。絶対1回で合格するぞ」という気持ちで臨みました。緊張で手が震えながらもキャプテンをお客様と思い心を込めてお手入れしました。すべての工程が終わり、CAPから手技の細かい修正、指摘をして頂き、「合格」の2文字が出ないまま2時間が経過していました。。少し諦めかけた時に外で待っていた先輩クルーが「いかがですか?」と聞いて下さり、、「うん!大丈夫!合格!ただもっと良くなるように手直ししていたの。」ようやく"合格"という言葉が聞けて、外で待っていた他の先輩クルー、同期のクルーにも報告したところ、本当に皆さん心から一緒になって喜んで下さり、緊張も緩んだせいか、目頭が熱くなりました。

 先輩クルーや同期クルーに支えられて貰えた合格を大切にし、この気持ちを忘れずにこれからお客様に施術させて頂こうと思います。